urayasu-rehabili-daystation-shiyakushomae

浦安リハビリデイステーション市役所前では集団+個別リハビリを取り入れて、利用者様同士が相互に刺激し合い、心身機能を賦活化させます。国際機能分類(ICF)の活動・参加レベルを向上させる日本で有数のリハビリ特化型デイサービスです。

コンセプト

  1. 集団リハビリと個別リハビリを混合した4~5人で1チームのグループレッスンです。
  2. 心身機能の賦活化、チームの雰囲気作り、チーム対抗で他者との関わり・交流を高めます。
  3. グループで行うことにより運動学習がしやすく手順を覚えようとします⇒記憶のトレーニングへ
  4. チーム内で元気高齢者が虚弱高齢者を支える仕組みの構築⇒「 互助活動 」につなげます。

サービス内容(一日の流れ) 理学療法士・作業療法士、言語聴覚士が制作午前の部9:00~12:15

見学随時
受付中!!

無料送迎がありますので
ぜひお電話ください

  • 集団体操(約10分)
    利用時の日課作り、やる気作り、高次脳機能スクリーニング、身体機能スクリーニング。
  • 口腔機能向上、嚥下・肺機能向上体操(約15分)
    すべて説明し声を出していく事で、嚥下障害だけでなく声帯麻痺や認知機能向上にも

レッスン①(約25分)

痛み軽減ストレッチBooth

[目的]
ストレッチの定着、ベッドサイドリハの脱却、運動学習の向上、手順を覚える事で記憶のトレーニングにつなげます。

レッスン②(約25分)

バランス練習Booth

[目的]
転倒予防や複合的に課題を与え、注意を分散させます。歩行動作の遂行能力、安全性・安定性を高める目的で行われます。

レッスン③(約25分)

立位でのリハビリBooth

[目的]
下肢筋力の向上、バランス能力の向上、ロコモティブの向上(骨盤・体幹トレーニング)

レッスン④(約25分)

机上Booth

[目的]
随意性の向上、麻痺Stageのステップアップ、認知症予防、ゲーム性による仲間意識の向上、互助活動。

持久力・心肺機能向上Booth(対象者)

[目的]
単純な歩行練習をするだけでなく、ステップアップや階段、紅白玉拾いをしながら歩くことで日常生活のリスク管理を考え、楽しみながら歩行練習を行う。

Activity向上

グループアクティブ [ストラックアウト]

[目的]
心身機能の賦活、俊敏性の向上、チームの雰囲気作り、チーム対抗、リーチや肩関節の向上。

Activity向上

グループアクティブ [チェアサッカー]

[目的]
俊敏性向上、注意機能向上、仲間意識の芽生え。

ADL練習Booth

[目的]
基本動作の修正、床上動作の意識付け、またぎ動作の構築(浴槽等)

評価(月一回開催)

体力測定【評価】

[目的]
体力の見える化、集団での関わりで評価を行うことで利用者の『健康管理意識』を定着化させます。
※東京都高齢長寿医療センターの介護予防の評価に準じます。

名称 浦安リハビリ デイ ステーション 市役所前
住所 〒279-0021 千葉県浦安市海楽1-6-55-1F
問い合わせ TEL:047-321-6812 FAX:047-321-6813
事業内容 在宅介護サービス(ケアファクトリー/訪問リハビリテーション・マッサージ) 
外来事業(リラクゼーションマッサージ) 
FC事業、コンサルティング事業 
各種講演会及びセミナーの企画・開催